非日常と日常「ハレとケ」の話

ハレとケ、という概念がある。

ハレとは晴れ。晴れ着、晴れの日、晴れ舞台という言葉通り、飲み会やイベントのような非日常。
ケは褻と書き、ハレ以外の時、普段の生活、何も特別なことの起きない日常のこと。

僕はこの概念を、仕事先の山村に研究・調査に来ていた民俗学専攻の学生たちから学んだ。
ケという言葉と概念は現代では廃れてしまったけれど、昔は、例えば晴れ着の反対、普段着の事を褻着と呼んだりしたそうだ。
そして、ハレとケはいずれも等しく大切なもので、バランスが肝要なのだという。

お祭り騒ぎであるハレに型はなく、荒唐無稽で意味がないからこそ気晴らしになる。
ケは実生活。衣食住、生業、家庭、子育て。自分を形作り、人生を維持するサイクルそのもの。

日常をしっかり捉えて地に足を付け、自分を成長させながら来たるハレに備える。ハレの日には人と心を通わせて非日常を躊躇なく愉しみ、英気を養ってケに備える。

僕の感覚で勝手に付け加えるなら、たぶん、ハレは楽しみ、ケは幸せに通ずる。

それは言いかえれば、気持ちと心。

気持ちと心は似ているようで真逆、虚と実の関係にあるというのが、僕の考え方だ。
楽しい、悲しいと感じる気持ちは、本来の状態からのブレで生じる波のようなもの。波に乗れば新しい景色が見えたり、勢いがつく。反面、波を乗り越えるには体力や精神力を消耗するし、大きくし過ぎれば波にのまれる。そして波は、いずれ消える。
幸せ、つまり存在価値や尊厳といったものは心の内に残る。それは人生の基盤のようなもの。地味で見えにくいが、積み重ねれば少しずつ底上げされ、めったなことでは壊れず安定している。

専門的なことはわからないけれど、昔の日本人はこれらをバランスよく得ることで人生を上手く維持できることを、経験的に見出したのだろうと思う。

SNSを見ていると、どうしても僕の日常には乏しい好みの店や料理、今もただ憧れたままの趣味、自分にはない付き合い、そういうものに目が行ってしまう。美味しそうで、楽しそうで、羨ましい。
でも、それがあくまで他人の日常なんだということは忘れないようにしている。

他人の日常は自分の非日常。
一緒になってやってみても、それはハレにしかならない。
ハレを楽しむには、それ相応のケの備えが必要だ。

人に振り回された時、心身のバランスを崩したり、大切なものを見失うのには、きっとそういう理由もあるのだと思う。

ハレとケ、非日常と日常、気持ちと心、ボーナスと月給、ときめきと幸せ。
およそ何にでも通じそうなこの概念を、僕はこれからも大切に持っていようと思う。

簡単で美味しいオレンジのサラダ

本当はラタトゥイユ風トマ豚汁のレシピを書きたかったのですが、なんだかぼんやりして全然違う材料を買ってしまったので、今日はオレンジのサラダ。

洋食を外で食べるのが好きな方なら一度は目にされたことがあると思いますが、簡単でそれなりに意外性もあり、見栄えも良いのでよく作ります。
甘くて鮮やかなので子供たちにも受けが良く、また大人の食事会ならハーブの香りを効かせて白ワインと共に。対象の幅が広いので、もう何度となく作っている洋食おもてなしの定番メニューです。

出来上がりはこんな感じ。ほぼ切って並べるだけなので、楽しく適当にいきましょう。f:id:kazhomely:20171203215932j:plain

簡単オレンジのサラダ

◆材料(3~4人分)

  • オレンジ・・・2コ
  • 紫玉ねぎ(普通の玉ねぎでもOK)・・・1/2玉
  • ピンクペッパー・・・適量
  • スモークサーモンやチーズ等・・・お好みで
  • A) オリーブオイル・・・小さじ2
  • A) 醤油・・・小さじ2
  • A) バルサミコ酢・・・小さじ2
  • A) 塩・・・少々

※ドレッシングはあくまで一例なので、味を見ながらお好きに調整してください。正直、ちゃんと量を見ながら作ったことがありません。ただオレンジは柑橘の中でも甘い部類なので、酸味が強めの方が合います。何故かレモンなど柑橘類のドレッシングはあまり合いませんでした。

※スモークサーモンなど少し塩気のあるものが入ると、また一段と味に深みが出て美味しくなります。

◆作り方

  1. 玉ねぎを0.5~1mmくらいにスライスして10分程度水にさらす。硫化アリルの刺激が苦手な方は、煮えない程度に軽くレンチンしてください。

    f:id:kazhomely:20171203220346j:plain

  2. オレンジの両端を落とし、どちらかの面を下にして立てて、皮を削ぐ(写真左)。りんごのような回し切り(写真右)の方が無駄が少ないですが、縦に削いだ方が角が立って見栄えが良く、手も切らないのでおすすめです。ワタは苦いので、6回で1周する感じで厚めに。

    f:id:kazhomely:20171203220412j:plain

  3. 剥いたオレンジを1cm厚で4~5切れに輪切り。中に種があれば取る。

    f:id:kazhomely:20171203220451j:plain

  4. 水気をよく切った玉ねぎを皿に平らに敷き、その上にオレンジを並べ、ディルやスモークサーモンなど好みの材料で彩りよく飾る。
  5. よく混ぜたAをゆっくり回しかける。飾りを流さないように。
  6. 仕上げにピンクペッパーを散らす。

ドレッシングと合わせて使うには大きくて甘味が強い輸入オレンジが向いている気がしますが、なるべく味付けを控えたいとか、輸入オレンジのPH農薬*1を気にされる方はもちろん国産物でも良いです。

スモークサーモンを添えるとこんな感じ。f:id:kazhomely:20171203220622j:plain

甘い新玉ねぎと合わせてアミューズの1品にしてもよし。f:id:kazhomely:20171203220747j:plain

大人がオレンジメインで味わう時は、玉ねぎ少なめにして重ね方を逆にしてもOK。
そんな時はオリーブオイルとハーブソルトだけでも十分です。

f:id:kazhomely:20171203220831j:plain

玉ねぎをさらす時間を含めても20分、実働10分ちょっと。なんとなく彩りが足りないなぁという時、他の手の込んだ料理が出来るまで先に始めていてもらいたい時。そんな時に活躍する簡単料理です。

*1:ポストハーベスト農薬。収穫後に塗布される殺菌剤、防カビ剤などの農薬。その多くは船便で輸出される食品にしか使われないので、きっと自国向けの基準より緩いんじゃないか、危ないんじゃないかという声が挙がることがあります。その安全姓、危険性については諸説あるのでここでは言及しません。ご自身の判断で。

花の散る時

少し前、仕事の打合せに向かうため都内の地下鉄に乗っていた時の出来事。

車内はそこそこ混雑していた。

ある駅でドアが開いた時、遠くから子供特有の甲高いざわめきが聞こえた。
程なく小学生が大勢乗り込んでくる。
僕は子供の声、とりわけ集団になった子供の声が苦手なので少し警戒したけど、車内での彼らは取り立てて騒ぐこともなく静かだった。
話が盛り上がって誰かの声が少し大きくなると、他の子がそれとなく注意しているようだ。
男女比は7:3くらいだろうか。
制服からして、どこかの私学の児童だろう。

近くに立っていた上品なご婦人が、ふと振り返って、にこやかに話しかけた。

「あら、今日は揃ってどこかへお出かけ?」

それに答えたのは一人の背の高い少女だった。

「はい、東京駅まで」

簡潔かつ美しい受け答え。
その後もご婦人の二言三言に、少女ははきはきした敬語で答えていた。
さすが、私学に通う子はしっかりしているな。
などと思いながら、その様子を微笑ましく見ていた。

ところが、男子の集団がにわかにざわめきだした。
少女を見てヒソヒソ何かを囁きあっている。
何事かと思って見ると、集団の中から一人の少年が歩み出て、彼女に向かって言い放った。

「お前、誰と話してたんだ」

少女は一瞬固まって、ばつが悪そうにご婦人を目で指した。
少年は、彼女の見た方向をちらと一瞥すると、続けてこう言った。

「知らない人に行き先を聞かれて、本当の事を言ったのか?」

それで僕にもようやく飲み込めた。
彼らが何を問題にしていたのか。

「そういう時はお茶の水だとか適当に言えよ」

少年はそう言った。

知らない人から物を貰うな、ついていくな。
そういう教育は僕の頃からあった。
最近はもっと厳しいのだろう。

話しかけられても本当のことを答えるな。

彼は恐らく、受けたであろう教育に忠実な発言をしているだけだ。
混雑した車内では誰が聞いているかわからない。
後をつけるような人間もいるかもしれない。
そう、確かに間違っていない。

「いろいろ大変なのね。話しかけたりしてごめんなさいね」

ご婦人は少女にそう言って、なんとなく寂しげに窓の外に顔を向けた。
首を横に振った少女は、しばらく所在なさげにした後、とぼとぼと彼らのもとを離れていった。

少年と少女は知り合いのようだったし、心配したからこそあんな言い方をしたのかもしれない。
確かに自衛としてはそれで良い。
大人の感覚で言えば、「知らない方に訊かれても答えないよう言われているので。すみません」とでも対応できれば満点だったのかもしれない。
しかし、そんなことをランドセル姿の少女に求めるのか?
果たして彼女は間違っていたのだろうか。

僕には、そうは思えなかった。
責められ、返す言葉を失った少女が俯いてぽつりと言った言葉が、今でも胸に残る。

「だって‥‥本当の事を言った方がいいじゃん」

彼女もまた、教わってきたことを正しく実行した。

嘘はいけない、正直でいなさい、人には親切にしなさい。
歌や絵本や物語でそう教え、育てたはずの子供たちに、今度は、近づいてくる人間を疑え、嘘をつけ、身を守れと迫る。
子供たちは、大人の期待に応えようと必死だ。
僕らはいったい、彼らに何を期待しているのだろう。
どんな世界で、彼らを迎えるつもりなのか。

とても大袈裟に言うなら、あれは人から尊い何かが失われた瞬間だった。
そうさせたのは、矛盾を放り投げて歩いてきた大人の事情に他ならない。
後進の為に環境を作るのは、先に生まれた者の責任。
僕はもう、それを果たすべき場所にいる。

それを強く思った、ある日の出来事。